照明をより効果的に使うために知っておきたい「照明に関する基本情報」

照明をより効果的に使うために知っておきたい「照明に関する基本情報」

わたしたちは、部屋が暗いときには電気をつけて暗闇を光で照らし明るくすることで不便なく暮らしています。
そして、不便のない生活に欠かせない光をもたらすための道具といえば、ここでご紹介する「照明」のことです。
普段何気なく使っている照明ですが、最近では省エネや節電を考えた照明や器具選びをしているご家庭も増えています。
そこで今回は、暮らしの中で欠かすことのできない「照明」に注目して、その特徴や魅了などについて色々と考えていきます。
これから一戸建てのマイホームを新築するという方や、リフォームをご検討中の方はぜひ以下の内容をご参考ください。
 

照明とは?

快適な暮らしを送るために家の中に必ずある設備に、「照明」が含まれています。
住宅のほかにも、オフィスや商業ビル、学校、病院など、ありとあらゆる施設に照明器具が用いられていて、
昼も夜もわたしたちが不便なく暮らすための糧となっています。
また、街を歩けばいつでも街灯の光が道を明るく照らしてくれていますし、都心部であれば24時間眠らない街と言われるように、
四六時中どこからで明かりが付いていて煌びやかなネオンが美しく輝いています。
普段の生活から何気なく目にしている街灯やイルミネーションといったものは全て、「照明」があってこそ成り立つものなのです。
照明とは暗いところを明るく照らし、明るくすることで物を見えやすくするといった技術のことを指します。
照明があるからこそ私たちの生活はより便利に、そして活用方法を工夫することにより様々な効果を生み出すことができているのです。
一口に照明といっても、実際には以下のように照明には種類があり、製品によって使い道や使われ方などが大きく異なります。
 
照明の種類とは?
照明の種類を大きく二つに分けると、室内や空間を全体的に照らための「主照明(全般照明)」、
そして部屋を部分的に明るくするための「補助照明(部分照明)」があります。
たとえば、主照明(全般照明)と呼ばれる照明器具にはペンダントやシーリングライト、シャンデリア、ダウンライトなどがあります。
補助照明(部分照明)と呼ばれる照明器具にはフロアスタンド、テーブルスタンド、ロースタンド、ブラケット、フットライト、
スポットライトやダウンライトなどがあります。
 
照明器具の設置場所
室内や空間を全体的に照らすための主照明(全般照明)、そしてもう一つは室内や空間を部分的に照らすための補助照明(部分照明)がありますが、
どちらもより効果的に使うためには照明器具の用途を考えながら設置場所を決めることがポイントです。
主照明(全般照明)であるペンダントライトは、天井面からコードを使って吊るして使う照明器具です。
用途としては、ダイニングやリビング、吹き抜け部分に使われることが多いようです。
シーリングライトは、天井に直付けされている照明器具で、照明器具と光源が一体化されていることがあります。
高い位置から空間を照らすことができるので、部屋全体を明るくするための一般的な照明として人気です。
補助照明(部分照明)であるフロアスタンドは、部屋のコーナーや角の床に置いて使う照明器具であり、
壁に飾られたオブジェや窓際を美しく照らすために使用されることもある補助目的の照明です。
スポットライトは、特定のものを照らすために設置される補助照明であり、天井や壁などに取り付けて強い光を放ち対象物を明るく照らします。
より特徴的で個性的なようすを演出するためにも大きな効果を発揮する照明です。 
 
施設や屋外でも大活躍!照明器具の用途
一般家庭での照明の使い道といえば、先にご紹介したような照明器具が多く使われますが、
照明はそのほかにも一般家庭意外の施設、そして「屋外」でもありとあらゆる場所で用いられている技術です。
さまざまな用途に合わせて、多様な施設で照明器具が効果的に用いられています。
たとえば、病院や学校、さらにはオフィスや商業施設、工場、店舗、劇場、ホテル、美術館など、
それぞれの施設によって用途別の照明器具を上手く使い分けることができます。
また、屋内内に限らず、外出したときには道路やトンネルなどに照明が設置されているなど、無意識に屋外用の照明器具に出会っています。
冬の時期には美しく輝くイルミネーションをよく見かけますが、これもすべて照明器具が設置されています。
このように、普段は意識して見ることがない照明ですが、実際の暮らしの中ではこのように様々な用途によって照明器具が屋内、屋外に限らず
さまざまな所に設置されているのです。



 

橿原 不動産